読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

このまったりとした淡は

フライパン振ってます。得意料理はコンソメスープ。

会議のたびに議事録をつけています

 こんちは、淡です。日が長くなって参りました。皆さまいかがお過ごしでしょうか。

 さて、淡は会議のたびごとに毎回議事録をつけています。
 今回の会議の議事録、A4・1枚のレポートにまとめました。
 むろん、ここどころか、Webにアップロードすることのない文書です。
「誰が何を話したか」は、記録を取って置かないと消えるため、書いています。

 少し長いスパンでみてみますと。
 前回の会議でのこの発言を受けて、今回、この議題なのだと推察できます。
 仕事の進めかたに変更がある場合や、業務の改善案。
 また、現状報告の中から得られる情報、ほか、仲間の顔ぶれの再確認など・・・。

 改めて気が付くことも多いものです。
(そろそろ職場に空調が入ってくれたらいいなぁ・・・)

 本日のブログはこのくらいで切り上げます。

 ところで、夏場に向けて手洗いは大事ですよ~(^^
 それでは、次回をお楽しみに!

仕事は楽しく | 振り返り記事

 なぜか知らんけど、今日の業務の中で、「アニメやマンガをどのように楽しむか」について熱く語り合うことになってしまったのだったが、これは、業務内容には関係ない。

 下記の記事を書いたのは1年ほど前の話で、読み返してみて、わたし自身若干違和感を覚えた。そこで、新しく書き足してみようと思った。最近の身近な環境の変化などを織り交ぜながら、追記として書きたい。

 私の個人的な見解を述べると、仕事を楽しめるようになれたら得、だと思う。
printftan.hatenadiary.jp

 というのも、今日の仕事が気分良くめどを付けたので、私が良い気分なのである。仕事を終えて、良い気分で居る。

 どうだろうか。理解に届くだろうか。「仕事を終えて、良い気分で居る」ということは。

 いい雰囲気だった。

 仕事中の会話というものは、実は必要最低限のことしかしゃべらないで済ますこともできるのだが、適度に自分の興味や関心ごとについて話すこともできる。職種にもよるが、少なくとも私の職場は慎重な発言を求められる職種ではない。

 私の耳には特殊な技がある。「聞いた話をほとんど覚えようとしない」という特技である。右の耳から左の耳へ聞き流す技である。さまざまな経験の中から編み出した。聞いているけど、聞いていないという技である。

 これは、学生さんにありがちな会議、誰も発言しないという状況からは、発想の外にあると思われる。少なくとも私が学生だった頃には、こういう風な職場の雰囲気は、私には全く想像できたことはなかった。

 活発な発言のある職場ではあるが、ミーティングではない。仕事である。仕事の中にショートミーティングは少なからずあるが、ミーティングが主体ではない。

 業務内容については、まあ、OJTの一種だと思ってもらえるとわかりやすいと思う。実地なので賃金は発生するが、社会保険は非加入である。

私の作曲スタイル

 先日作った作品、曲の音楽性が素晴らしかったため、作っていてモチベーションを高く保てました。

 私の作曲スタイルは、カンタービレ*1、です。
 新しいタイプのおまじないを考えてみました。

Andante poco a poco accel.
ふんわか ふんわか ほんわか ほいな~

 こういう風に作った歌詞を、歌って、録音して、音取りして、むにゃむにゃ・・・。
 こういうプロセスが私の作曲スタイルです。
 ふんわかが3拍、ほんわかも3拍。
 ほいな~は作ってみないとわからないですが・・・
 たぶん3拍子の曲になるんじゃないかなと。

 決してふざけているわけではありません。
 ほんとにこういう風に作曲しています。

 こういうフレーズから実際に曲になるまでには、かなり長い時間がかかります。
 曲にならないことのほうが多いのですが…。
 少なくともワンタンメンのうたはこのプロセスで作りました。

 同僚との会話の中から、童謡や民謡など、作品作りの材料はたくさんあることに気づきました。
 カモメの水兵さんと荒城の月をリクエストいただきました。
 う~ん、手元に譜面はないのですが…。
 個人的に作ってみたい作品ではあるので、あとは。

 動機ですな。
「ぜひ作りたい」と思ったときに、一気に作り上げるという手法も用います。
 大作にとりかかるのは大仕事なのですが、モチベーションさえ保てれば、完成します。
交響曲には未だ取り組んだことはないですが…)

 似たような話は聞いたことがありますが、
 モチベーションを保てない曲作りでは、我ながらやはり出来が良くないですねぇ(^^;

*1:イタリア語で「歌うように」の意味

このブログはフィクションです。Amazon.co.jp アソシエイトに参加しています。
ご愛読ありがとうございます:-)

Copyright (c) 2014-2017 このまったりとした淡は All rights reserved.