ブログタイトルの由来

むすめふさほせ。
小倉百人一首の一字決まりの首7つの頭文字の覚え方。
高校の古文で習う前に、小学生の時に非常勤の先生から習い、百首暗唱できるまで練習しました(意味までは分かりませんでしたが)。
む:むらさめの
す;すみのえの
め;めぐりあいて
ふ:ふくからに
さ:さびしさに
ほ:ほととぎす
せ:せをはやみ

下の句はそれぞれ、

む:きりたちのぼる あきのゆうぐれ
す:ゆめのかよいじ ひとめよくらむ
め:くもがくれにし よわのつきかな
ふ;むべやまかぜを あらしというらむ
さ:いづこもおなじ あきのゆふぐれ
ほ:(上の句は)ほととぎす なきつるかたを ながむれば。。。下の句が出てこない。忘れました。
せ:われてぞすえに あわんとぞおもふ

ほ、が出てきません。ついに物忘れが始まったか。。。
ちょっとカンニング。。。ただありあけのつきぞのこれる だった。

日本古来の高尚な遊びに真剣に取り組んだものです。
祖母と一緒に遊べるゲームでした。
ちなみに私は、「みちのくの」と「しのぶれど」の首が好みです。
弟は「名にし負はば」をとるのが速かった。
子供の頃、ずいぶん源平合戦で遊んだものでした。

私の負けん気の強さはこんなところから来ているのかもしれないな。。。

広告を非表示にする
▲ページの先頭へ戻る