五七五七七について

あんなユーモアのある川柳を思いつけるかたがいるのかと思うと、
言葉の奥深さを改めて感じています。