ぐだぐだ日記帳 - GDGDiary

残暑お見舞い申し上げます(^^*)|(バテバテです 淡)

海外旅行

今週のお題「海外旅行」

 私は、学生時代に海外旅行に2回行きました。と書くと、あまりにもあっけなく終わりそうな話題ですが、ところがどっこい、2回とも旅先でのさまざまな出来事が待ち受けていたことは特筆してもよいのではないかと思います。なので、あえて、書いてみようと思います。それでは本題に入ります。
 一度目は、中学二年生から三年生に進級するときの春休み。家族親戚一同十余名でハワイへ観光に行きました。父方の祖母が健在だったころの話です。10セント硬貨が通称ダイム、1セント硬貨が通称ペニーということは、このとき知りました。
 あと、チップ制という日本ではあまりみられない文化に触れたのも、このときが初めてです。チップは、日本では珍しいことですが、海外はむしろ逆で、チップを渡すのが常識になっているそうです。これは、少し説明が要りますかな。
 海外の労働者は、低賃金で働いているので、生計を立てるために、チップでの収入も貴重な収入源なのだそうです。例えば、ホテルに宿泊するときにはベッドメイクをしてもらうかたに宿泊人数1人当たり1ドル紙幣1枚程度のチップを枕元においておくこと、や、レストランやカフェでウエイトレスさんに1ドル紙幣を渡すなど(ほんとに水も持ってきてくれません。日本の常識、世界の非常識を目の当たりにしました)
 そんなこんなで、アラモアナショッピングセンターへは行ってきました。
 ワイキキビーチは見てこなかったと言うか(怖くて部屋から出られなかったと言うか)
 スペアリブも食べました。とにかく量が多い! すごい量なうえ、味付けの豪快なことったら!
 マジックショーも観てきました。ビートルズの歌にもあるイエローサブマリンにも乗りました。
 かれこれ20年近く前の話です。あのころは若かった……(遠い目)
 これで、一度目の海外旅行の話を終わります。


 二度目の旅行についても書いてみようかなとは思いますが、こちらはちょっと特別な思い出になったので、私としては、筆を控えます。と思ったけど、こんな機会めったにないし、書いておこうかな。
 2001年9月に合衆国東海岸へ行ったことだけ書いておきます。大学2回生のころの話。海外演奏旅行でした。想像を絶する事件だったので、記憶にあるかたも多くいらっしゃるかと思います。旅程が数日ずれていたら、私、今、この世にいなかったかもしれません。そんな体験をした二度目の海外旅行でした。
 公園で小さな女の子がハトにえさを投げてたのを見て、少し救われたかな。緑の多い街で、公園にリスが野生していたり、あと、とにかくバスでの移動時間の長いこと長いこと……ナイアガラの滝は見逃しました。あっちはカナダだったので。
 で、少し地下鉄について触れておきます。改札では、トークンと呼ばれる小さな硬貨のようなものを買って駅ホームへ降りるのですが、なんとこれ、自動改札なのです。駅員さんはもちろんいるのですが、改札にトークン投入口みたいなのがあって、そこにトークンを投入すると、改札のバーがひとり分だけ回転できるようになって、改札を通れる仕組み。しかし、改札のバーは逆回転はしない、つまり、キセル乗車ができない仕組みになっているのです。
 後日譚で、このトークンをひとつ余計に買って記念に持ち帰りました。もちろん日本では使いみちはないのですが、「いつかまたここに来よう」と思いを残した形になりました。ミュージシャンが駅ホームでギターの弾き語りをしていたのも印象に残っています。
 この演奏旅行では、2週間の間に、7回ステージを開きました。団長のK先生、指揮のM先生、ガイドのNさん、ほか先輩の方々、同回生、ほんとお疲れさまでした。って、もうあれから十数年も経ったんだなぁ……。
 これで、二度目の海外旅行の話を終わります。

広告を非表示にする
このブログはフィクションです。Amazon.co.jp アソシエイトに参加しています。
細々と運営しています。検索エンジン回避に設定しています。隠れ家的なブログです。