淡のページ

ようこそ(*^^) 6/27@昨日バスハイクに行ってきました。

たばこは庶民の嗜好品

たばこはたしなむものなのである
f:id:printftan:20160518170453j:plain
printftan.hatenadiary.jp
一年前と比べると稼ぎが増えている 体調も、戻ってきた
あと、たばこをやめたら超健康体になれるのだろう
スーパーサイヤ人になれるかもしれない

一年前と同じ銘柄を、吸っています
ただし自分の稼ぎの中から自腹です

◎たばこかうまい
×たばこがうまい

この文言を知っている私は、昭和のひとです
COPDという疾患を知りました
いずれたばこをやめねば、と思いつつも
1日1箱以内に収めて
部屋の掃除と換気をまめにすることにしています

たばこ代は1箱あたりの値段は廉価ですが
月額を計算するとこれがとんでもない
年額に直すともっととんでもない額

たばこをやめることは確実に
メリットの方が多いと思われる

待てよ?
たばこ1箱買うお金で何が買えるかな?
この1本を我慢すればいくら浮くかな?

と、この手法では禁煙に失敗した私
私にとって
たばこに代わるものは
なんだろうか

建物内が禁煙になると
喫煙所は屋外に灰皿だけという状態
夏は暑く、冬は寒い

真冬の雨の日
真夏の晴れの日

暑さ寒さに耐えながら
少し後ろめたさをもって
たばこを吸うのが
喫煙所の雰囲気

ある意味納得

ただ、私
もう歌は歌えない
たばこを吸うので

ここで下げ止まり
禁煙について考える日も、間近
言うだけなら、簡単

たばこというものは
浮世のわが身の孤独をまぎらわすために
吸うものなのである

だから
ひとりで吸うほうが
私の性に合う

私のひとりの時間は
この1本を我慢すればいくら浮くかな?
などと考えながら
自分の本質である
「怠惰」「冷静」「自己愛」
を満喫する時間なのでありました

自分に感謝することを
考えてみたところ
ありのままの自分
それは
たばこを吸っている自分のことを
私、嫌いじゃない

メガネは身体の一部
ではなく
たばこを吸うことは私の一部
なのです

空は青く五月晴れ 雲は流れゆく
たばこは庶民の嗜好品
[EOF]

広告を非表示にする
このブログはフィクションです。Amazon.co.jp アソシエイトに参加しています。
ご愛読ありがとうございます:-)

Copyright (c) 2014-2017 淡のページ All rights reserved.