ベースはメロディーだ

 という先輩がいらっしゃったのです。ベースはメロディーだ、と。

 確かに、ベースは低音部なのですが、音程の正確さを求められるパートでもあります。

 そういうわけで、わたしの存在は、音感の良さという(絶対音ではないですが)

 長所があったので、重宝されてました。
 ベースにもレガートも求める指揮者さんだったので、

 頭の中は真っ白になりつつも、

 必死でついていこうとしたものです(しみじみ)

 もっとも、執行学年になってからは、マネージが忙しくなりすぎて、

 練習に出る時間が削られてしまいましたが(汗)

 学生時代最後の定演のDVDが手元にあり、

 長らく見ていなかったのですが、

 最近になって観てみたところ、

 わたしのマネージの仕事は、失敗していなかったことがわかりました、

 オンステは1ステージのみでしたが、

 フェアウェルではソロも務めさせてもらって、

 同回生が花持たせてくれたのだと、

 今頃になっても、

 つい先日のように思い返す、

 同志社グリーの4年間です、

 関西で大学合唱団の活動が現在においても盛んなのは、

 案外、

 なにかしら求めているものがあるのだと、

 わたし自身の経験から思う次第です、

 ところで…お説教ぽくなりますが、

 学校で実施される健康診断だけは受けたほうがいいです、

 新歓の期間中にかぶるのですが、

 健康が第一です、

 二十歳前後では無理がきくので、

 つい健康面がおろそかになりがちなので、