淡のページ

このブログはフィクションです。ご愛読ありがとうございます:-)

こまめな小休憩をとる心がけ

このエントリーをはてなブックマークに追加

 若手ながらもベテランになった私ですが、本日話していて自分で気づいた点があったので書き留めておきます。
 それは、意図的に休憩をはさむことです。

 少し詳しく書きます。

 職場で全員が全員働きまくっているのかと言うと、そうでもなく、決められた時間内は働いているものの、きちんと休憩時間が定められているものです。で、私の職場には、自分のタイミングで取れる休憩があります。1日3回、約5分間ずつ小休憩をとれるのですが、率先して私はこの自由なタイミングで取れる休憩を消化しています。

 この理由について、話していて気付いたというか…。
 わたしが率先して休憩をとることで、他のかたも休憩をとりやすくなる雰囲気を作ろうと心がけていたという点がポイントです。

「こんなに長く働いてきているのに、どうしてもっと働かないんだ!」というひとはめったにいないものですが、休みたいのに休めない、「誰も休憩をとっていないのに自分だけ休み時間をとるのは気が引ける」というある意味では奥ゆかしい伝統的なお国柄。この雰囲気を打破したく、私は使える休憩時間はフルに取る(つまり、1日3回5分間の休憩を必ず消化する)という秘策を実行し続けています。

 私が勝手に思っているだけかもしれませんが、案外長いことこの秘策を温めていて実践してきた結果、それなりに効果があった、つまり、自由なタイミングで休憩をとりやすい雰囲気がある程度は作れた、と、思っています。

 ユニフォームを着て休憩を取りに行くので、はたから見ると営業活動に見えるかもしれません。「身より実をとる」です。宣伝の一環ながら、自分は休憩をとれるという一石二鳥の秘策なのでありました。

 今日話していて気付いたことを書き留めておきたく、書いてみました。
 それなりにうまく書けた気がしています(^^

 ベテランの休憩の取り方についての文章となりました。仕事の分散にもつながるため、職場の各人のスキルレベルのボトムアップを図る意味もあります。

 単純に言えば、こまめに休憩を挟まないと体力的に持たない仕事なので…(^^;

 飲食店は体力勝負な面も結構あります。
歩数計をつけるとわかります。1日4時間の間、いきいき歩数0歩なのに5km歩く仕事です。毎回シティウォークに参加している並み、見かけ以上にハードです)

広告を非表示にする
このブログはフィクションです。Amazon.co.jp アソシエイトに参加しています。
ご愛読ありがとうございます:-)

Copyright (c) 2014-2017 淡のページ All rights reserved.