ぐだぐだ日記帳 - GDGDiary

残暑お見舞い申し上げます(^^*)|(バテバテです 淡)

こーひーぶれいく | SUNTORY PREMIUM BOSS

 最近缶コーヒーのレビューを書いてなかったので書きます。
SUNTORY PREMIUM BOSS

 さて。本日は遅めの起床後。昼ごはんの買い物へ行き、帰宅。
 缶コーヒーを飲みながら、休日の午後を楽しんでいる。

「ボス史上最高峰のコク」とデザインされたこのコーヒー。なめらかでいて、かつ、すっきりとした後味。コクの深みについても、納得の1本である。「コクの深み」である。「二重の極み、アーッ」ではない。

 原材料名を見てみると、1番目が牛乳、2番目がコーヒー、3番目が砂糖となっている。原材料名表記は、分量の中での割合の多い順番で書かれるので、この缶コーヒーは主に牛乳とコーヒーと砂糖で作られていることが読みとれた。

 私は「微糖」の缶コーヒーも飲むのではあるが、人工甘味料不使用の缶コーヒーのほうがどちらかと言うと好みである。

 また、品名がコーヒーとなっている。コーヒーの表記をするためには、100mlあたり1.6g以上のコーヒーを使う必要がある(1.8gだったっけ?)。

 缶コーヒーの味を家庭で再現しようとすると、まずぶち当たる壁が、製造コストである。中には「自分で立てたほうが美味しい」とおっしゃる方もいるかもしれない。私は職場でこそ器材がそろっているので美味しいコーヒーを立てることができているが、自宅で飲んでいるコーヒーはインスタントコーヒーである。誰でも簡単に作れるインスタントコーヒーの手軽さは、家で飲む分には十分である。

 家で飲むコーヒーの中では割高ではある缶コーヒーである。
 だが、このPREMIUM BOSSには大満足である。口当たりの良さには舌を巻いた。「最高峰のコク」は、看板に偽りなしだと思った。
 また近いうち買い物へ行くと思うので、そのときにも飲んでみようと思った。

広告を非表示にする
このブログはフィクションです。Amazon.co.jp アソシエイトに参加しています。
細々と運営しています。検索エンジン回避に設定しています。隠れ家的なブログです。