淡のページ

ようこそ(*^^) 6/27@昨日バスハイクに行ってきました。

従業員満足度

 業務内容の中で好き嫌いがある。また、得意不得意もある。
 これを4分割グリッドで分けることによって、仕事しやすくなるかもしれない。

 実際に手を動かして図を書いてみた。結果、禁止事項が多い割に、仕事がハードだという難点を発見した。

 叱るべき時に叱られるのは仕方ないが、叱られる必要のない時に叱責を受けたため、私はかなり憤りを感じている。
 また、業務とは関係のない話題を新人がやたら話すことに、閉口している。

 残念ながら、地味に少しずつではあるが、やる気をそがれていっている今の私であった。
 業績がどうかについて、私が考える必要も全くないように思えている。

 お客様満足度と同様に、従業員満足度も重要だと思う。
 まだ、匙を投げるところまでは行っていない。

 評価の基準がはっきりしない。まずい流れである。
 現時点で、私の仕事が評価されているとは思えない。
 それほどに、褒められる機会が減っているのである。

 新人教育にあたってだが、私の待遇だと、対価が全く見合っていない。
 教えて損した感じになる場面が増えてきた。

 ここには書ききれないが、苦手意識をどんどん強化されている私であった。
 なぜなら、上司が勝手に仕事の流れを変えてしまったためである。
 私はあなたと同等の待遇を受けていない。

 かつての上司が勉強をやめた時点で明らかに状況は悪化したのだが、この上司の評価が悪くないのがさらにまずいのである。全体として方向を間違えていることに気づいていない。そういうわけで、メルクマールとしてこの記事を書いてみた。

 同じ仕事をするにあたって、とらえ方次第で楽しみながらするほうが、気分もいいし能率も上がる。聞きたくない話をむりやり聞かされたり、私の発言に対して揚げ足取りばかりされたら、さすがにやる気もそがれていくのは必然と言える。私は機械ではない。命令されたらその通りに実行するのは、コンピュータくらいなものである。もっと人間的な扱いをしてほしいという嘆願に近いものがある。

 好意的な評価をしてみた。現状はもっと悪い。

広告を非表示にする
このブログはフィクションです。Amazon.co.jp アソシエイトに参加しています。
ご愛読ありがとうございます:-)

Copyright (c) 2014-2017 淡のページ All rights reserved.