てるのあるでんて

さっぱりうれません。熟れない果実です。

変えること、変わること、変わらないこと

 今回は「変」です。ヘン、変化(へんか)のヘンです。

f:id:printftan:20200425174544j:plain

例1

 変えること、変わること、変わらないこと。

例1を題材とします

 たとえば、語頭に「髪型を」を付け加えてみます。

例1ー1

「髪型を」変えること、「髪型を」変わること、「髪型を」変わらないこと。

解説

 少し違和感を感じると思います。
 助詞「て・に・を・は」の使い方ですね。

 なので、このように書き換えてみます。

例1ー1の助詞を取り換えます

「髪型を」変えること、「髪型は」変わること、「髪型は」変わらないこと。

解説

 日本語の文法としましては、これで文は成り立ちます。
 ただ、やっぱり違和感を感じますね。
 つまり、この「髪型を」という接頭辞は、そのあとに続く動詞との接続がうまくいっていないのでしょうか。

 次は、別の言葉をつなげてみます。

例1(再掲)

 変えること、変わること、変わらないこと。

一緒に考えてみましょう

 どんな言葉を付け足してみましょうか?

 助詞の効き方の変化、「て・に・を・は」を変えることは与件として、次の例では単語を表します。

例1(再掲)

 変えること、変わること、変わらないこと。

例1を題材とします

「季節」という単語を語頭に付け足してみます。

例1-2

「季節」を変えること、「季節」が変わること、「季節」が変わらないこと。

解説

 どうでしょうか。

例1(再掲)

 変えること、変わること、変わらないこと。

語尾を考えます

 語尾にそれぞれ「がある」を接続してみます。

例1-3

 変えること「がある」、変わること「がある」、変わらないこと「がある」。

「がある」

 があるです。

助詞と「がある」

 げ、限界ですー。


RSSフィード